ギ酸還元・水素還元 両対応 タッチパネル式
卓上型真空はんだリフロー装置

卓上型真空はんだリフロー装置は小型でリーズナブルなフラックス入りはんだリフロー、フラックスレスはんだリフロー装置をお探しのお客様のために設計されました。この装置は、はんだリフローや酸化還元処理の他、ペーストの焼結など、様々なアプリケーションにも柔軟に対応します。

フラックスレス・ボイドフリー・ギ酸ガス・水素ガス対応 真空はんだリフロー装置

VSS-450-300

VSS-450-300 ギ酸・水素還元両対応
  • ギ酸・水素還元両対応
  • 最大300 mm x 300 mm基板対応
  • 最大到達温度450℃
  • 最大昇温速度100 K/min .

詳しく見る

RVS-210

RVS-210 ギ酸・水素還元両対応
  • ギ酸・水素還元両対応
  • 最大200 mm x 200 mm基板対応
  • 最大到達温度400℃
  • 最大昇温速度100 K/min .

詳しく見る

RSS-110-S

RSS-110-S ギ酸・水素還元両対応
  • ギ酸・水素還元両対応
  • 最大110 mm x 110 mm基板対応
  • 最大到達温度400℃
  • 最大昇温速度85 K/min .

詳しく見る

RSS-160-S

RSS-160-S ギ酸・水素還元両対応
  • ギ酸・水素還元両対応
  • 最大160 mm x 160 mm基板対応
  • 最大到達温度450℃
  • 最大昇温速度75 K/min .

詳しく見る

RSS-210-S

RSS-210-S ギ酸・水素還元両対応
  • ギ酸・水素還元両対応
  • 最大200 mm x 200 mm基板対応
  • 最大到達温度400℃
  • 最大昇温速度180 K/min .

詳しく見る

タッチパネル搭載 Sシリーズの特長

大気、窒素、真空、ギ酸、水素などの各リフローに1台で対応!
通常のリフローに加えて、鉛フリー、ボイドレス、フラックスレスなどの各リフローが可能

RVS-210 ギ酸・水素還元両対応
装置寸法、重量:670 x 544 x 320 mm (W x D x H)、約45 kg
最大到達温度400℃
はんだリフロー装置としては余裕の最大到達温度400℃に標準対応。熱容量の大きな部品でも、ゆとりをもってはんだ融点温度に到達させることができるほか、高融点はんだも問題なく使用することができます。装置筐体部の冷却機構を標準装備、チャンバー内が高温でも、筐体は常に安全な温度を保ちます。
高速昇温/降温に対応
高速赤外(IR)ヒーターを装備し、最大毎分120℃(毎秒2℃)の高速昇温を行うことができるほか、リフロープログラムの指示値による任意の昇温速度で昇温させることも可能です。また、高速降温を実現するための「水冷システム」を標準装備。高品質なはんだリフローに要求される温度制御を簡単に実現するほか、連続運転時の待ち時間を大幅に短縮することができます。
多彩なリフロープロファイル設定が可能
Sシリーズに標準添付されているタッチパネルでは、経過時間や到達温度によるトリガー設定に加え、チャンバー内の真空到達度や戻り内圧状態をトリガーとして利用することが可能です。タッチパネルには最大50セグメント(行)までのプログラムを50個登録することができるほか、USBメモリースティックへの書き出し(エクスポート)や、読み込み(インポート)ができます。
のぞき窓を標準装備
チャンバー上部にのぞき窓を標準装備していますので、リフロー中の対象物を観察することができるほか、CCDカメラなどを使用して、写真やビデオ撮影をすることができます。

減圧下リフローでボイドを除去

減圧下リフローでボイドを除去

還元ガス (ギ酸や水素) により、はんだの濡れ性を確保することで、より一層のボイドを除去します

タッチパネル制御ソフトウエア

タッチパネルを使用した、多彩なプログラム設定が可能!

タッチパネル制御ソフトウエア

従来の、時間軸に対する温度設定や昇温速度設定のみならず、チャンバー内部の
真空度をトリガーとしたプロファイルプログラムにも対応しますので、幅広い条件設定を実現することができます。

チャンバー内の温度や真空度のリアルタイムモニターを装備し、チャンバー内の状態を常に把握数rことができます。

窒素などのプロセスガスラインにはマスフローコントローラを標準装備し、プログラムのステップごとに、異なったガス流量を設定することが可能です。

プロセスプログラム終了後は、温度変化、チャンバー内の真空度変化、チャンバー内 へのプロセスガスの流量など、すべてのデータをCSV形式で保存可能です。

タッチパネル

装置起動後に表示される「ホーム画面」から、各種設定画面に移行することができ、必要な設定を簡単に行うことができます。

またこのホーム画面から、プロファイルプログラムの選択、プログラムの実行を行うことが できるほか、プロファイルプログラムの修正や、新たなプロファイルプログラムの作成を行う画面にもスムースに移行数rことができます。

プログラム実行中に発生したワーニングやエラーなどの各種イベント情報は、すべてタッチパネルコントローラに記録され、いつでもその発生日時、及び内容を確認することができます。

また、ワーニングやエラー情報は、オペレータが意図的に削除しない限り、履歴として記録され続けますので、装置の状態把握を確実に行うことができます。

取扱製品案内

  • 電車でお越しの場合:JR横浜線 町田駅より徒歩8分
    小田急電鉄小田原線 町田駅より徒歩11分
  • お車でお越しの場合:東名高速道路 横浜・町田ICより15分

お問い合わせ先

ユニテンプジャパン 株式会社

ユニテンプジャパン株式会社は、ドイツUniTemp GmbH社の総代理店です。
高い水準のサービスと優れた技術力で、お客様をサポートいたします。

ユニテンプジャパン 株式会社
〒194-0013 東京都町田市原町田2-6-13
ベルストーク1 2階
TEL042-860-7890
FAX:050-3730-8404
MAIL:sales@unitemp.jp


お問い合わせ

ご質問や装置のご説明、またデモ機などのお問い合わせはいつでも承っておりますので、
お気軽にこちらまでお問い合わせください。